健康食品

STEP 4 撮影後の保存・整理・加工など〜画像調節コマンドの意味と扱い方

トーンカーブ

トーンカーブは、グラフのかたちを編集することで中間調の明るさを細かく変え、とくに画像コントラストの細かい調節に役立つコマンドです。

トーンカーブの画面を開いた状態で画像の上にあるマウスカーソルを動かすと、グラフ上や、編集画面の下などにそこの明るさがポイントや数値で表示されます。

明るさを変えたい部分、固定したい部分がわかったらグラフ上で該当する場所をクリックしてポイントを置き、ポイントを動かして部分的な明るさ調節をします。

たとえば、画像のコントラストをあげるためには、「明るい領域をより明るく」。そして、「暗い領域をより暗く」補正するとことが必要です。

操作に置き換えると、明るい(ハイライト)側のポイントを上に、暗い(シャドー)側のポイントを下に動かし、Sの字のグラフを描きます。

こうすることで、画像のコントラストは、強く硬い調子となり、見た目、きつく感じます。


反対に、画像のコントラストを弱める(下げる)場合は、この逆の操作をします。

「明るい部分を暗くし、暗い部分を明るくする」必要があります。

操作に置き換えると、明るい(ハイライト)側のポイントを下に、暗い(シャドー)側のポイントを上に動かします。

これで、コントラストは弱く軟らかい調子となり、階調は残ります。
しかし、見た目、ねむい感じがします。

また部分約な階調補正を行なう場合は、変化を望まない領域にポイントを打って固定することで補正効果が及ばない領域とします。

その上でグラフ形状を編集することで、局所的に明るさを変えることができます。








▲このページの一番上にもどります

>> STEP 4 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
航空券 格安 直前 | トワイライトエクスプレス 予約 | 寝台特急で旅行しよう! | JR 新幹線 料金
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.