健康食品

STEP 4 撮影後の保存・整理・加工など〜カメラ店とうまく付き合う方法

基本は人間関係。店員と仲良くなりましょう

機材やメディア、フィルムなどを購入するカメラ店や、現像やプリントを頼むDPE店など、どのような店を選ぶのかというテーマが出てきます。

もちろん、あなたにとって便利で、品質がよく、値段が安いというのは大きなメリットです。

しかし、それ以上に大切なのは、お店の人との人間関係です。
お店の担当者が信頼できる人だと思ったなら、その人と仲良くなりましょう。

機材の購入時やプリントの時に、親身になって相談にのってくれる人なら、それだけで財産です。

「写真のことならなんでも話せる」というような良い人にめぐり会えるまで、さまざまな店を試してみるのも悪くないと思います。



[▲このページの一番上にもどります]


量販店のメリットは、安い価格と豊富な品ぞろえ

現在、家電量販店の進出はすさまじいいものがあります。

通常のカメラ店などに比べると、価格はかなり安くなっています。
また、品揃えも豊富です。

実際にいろいろな機材を触ってみたいときには便利な存在ですし、新しい商品を目にする機会もあるでしょう。

利用した額に応じたポイント制度も楽しみです。

もちろん、プリントや現像なども扱っています。

このような店でもあなたの希望をちゃんと聞いてくれる店員はいるので、そういう人を見つけ出して親しくなっておくとよいでしょう。



[▲このページの一番上にもどります]


客どうしのつながりも密な小さな店にも、情報が集まる

このところ、街の小さなカメラ屋さんというのが、めっきり少なくなってきたように思います。

デジタルカメラの浸透やチェーン店や量販店ほどの値引きが難しいため、押され気味のようです。

しかし、こういう街の小さなカメラ店にも利点はあります。

カメラ屋の主人が自分で写真を撮っている場合は、さまざまなアドバイスをくれたり、こちらの要望も言いやすいですし、聞いてくれるはずです(聞き入れてくれるとは限りませんが。。。)。

さらに、その地域にならではの情報が豊富だったり、お客どうしのつながりが充実していることもあると思います。

ただし、たまに、他人の写真に対して、きつい批評ばかりをするタイプの人もいるので、あなたが写真嫌いにならないために、そういうお店は避けたほうがよいです。








▲このページの一番上にもどります

>> STEP 4 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
JR 新幹線 料金 | 航空券 格安 直前 | 東京 大阪 夜行バス | よし、JR寝台特急 サンライズ出雲で行こう。
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.