健康食品

STEP 4 撮影後の保存・整理・加工など〜写真展のマナーについて

写真展では、まず写真への素直な感想を言いましょう。

写真展に行った時に、出展している本人に向かって、いきなりプリントした現像所・撮影地や、あるいはレンズや絞りといった技術的なことを質問するのは、かなり失礼なことです。
(そういうわたしも気をつけなければ、、、)

出展者本人は、写真を見てほしいから写真展を開いているのであって、決して技術を見せたり自慢することを目的に開いているわけではありません。

写真館で写真展を開くということは、それなりの費用と時間をかけて出展者自身の感性をさらけ出して、見る側の私達に問いかけているのです。

だから、見る側にも作法が求められているという自覚が必要です。

ちゃんとした態度で写真を見ていれば、まずは、写真展であなたが何を感じたかといった作品に対する率直な感想を言い、その次に、「つきましては、プリントがきれいなので現像所を教えてください」、「使っているプリンターを教えてください」とか「自分もこの場所で撮ってみたいので、撮影地を教えてください」といった聞き方になるはずです。

写真から、機材・シャッタースピードや絞りなど、撮影データ的なものだけを読み取ろうとしていたり、構図的に見ているばかりでは、いつになってもあなたの感性は磨かれることはありません。

なお、写真展の内容や日程は、「日本カメラ」、「アサヒカメラ」などの写真雑誌に掲載されています。
鉄道関係であれば、「鉄道ファン」などの鉄道雑誌にもでています。







▲このページの一番上にもどります

>> STEP 4 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
夜行バス 格安 | 航空券 格安 直前
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.