経済指標発表

STEP 4 カメラ、レンズ、アクセサリーの手入れ

カメラ、レンズ、アクセサリーの手入れについて書きました。

撮影したら、汚れます。それをそのまま放置しておくと、カビやシミの原因になります。
女性が肌を手入れするようにカメラやレンズもきちんと手入れをしていつもきれいな状態に保っておきましょう。

そうすれば、故障など不意の事故も防げるはずです。
また、あなたのよき相棒としてあなたの思いに忠実に答えてくれるでしょう。

1.カメラとカメラについているレンズの手入れ
2.レンズの手入れについて
3.アクセサリーの手入れ(フード、ワインダー)



1.カメラとカメラについているレンズの手入れ

カメラ各部の名称が出てきますが、メーカーやカメラによって異なる場合がありますので使用説明書で確認してください。

カメラは手あかと外のホコリがつきまくっています。徹底的に新品のごとくみがきましょう。

カメラのクリーニングセットがあると便利です。


(1)帰宅したら、下に敷く本や雑誌などを用意しましょう

まず、カメラやレンズをカメラバックから出すために、カメラやレンズを置くものを用意します。
できるだけきれいなものが良いです。

(2)カメラやレンズ、フードなどのアクセサリーをその上に置きます

カメラやレンズが互いにぶつからないように置きます。

(3)動作確認

まずは、カメラの裏ぶたを開けて、巻上げレバーで巻き上げてスプールとスプロケット、シャッター幕がきちんと動作するかを確認しましょう。

まず、シャッタースピードを高速、低速と変えながら何回かシャッターを切ってみましょう。
とくに、低速シャッター(バルブ[B]がおすすめです)にして、巻上げからシャッターが降りるまでシャッター幕とミラーがきちんと動作することを目で確かめましょう。

確認できたら、シャッター幕に、風をかけないよう気をつけながら、ブロワーでホコリを吹き飛ばします。

ブロワ―の写真 ブロワー(右写真)というのは、ゴム製のボールの先に数ミリの吹きだし口があり、ボールを握ることで、吹きだし口から、風を吹きだしてゴミやホコリを飛ばす手入れ用の道具です。

ブロワ―でホコリを、吹き飛ばしたら、静かに裏ぶたを閉じます。

(4)カメラについているレンズをはずします

レンズロックレバー(レンズロックボタンともいいます)を押しながら、カメラに付いているレンズをはずしましょう。

はずしたレンズにホコリが入らないように注意しながら、カメラとの接合部分を上向きに、レンズの方は下向きにして置きましょう。

この時、レンズのレンズ部分と、接合部、両方ともフタがしてあることも確かめてください。

レンズの方を下向きに置くのは、安定するからです。

レンズの詳しい手入れについては、2で書きます。

(5)はずしたら、カメラボディのホコリを吹き飛ばします

カメラからレンズをはずしたら、カメラボディ全体にブロワーをかけてホコリを吹き飛ばします。

ミラーなど中が見えますが軽くブロワーをかけておきましょう。
この時、ミラーなどカメラの内部に、手やブロワーの先が触れないように注意しましょう。

(6)シリコンクロスでレンズとの接合部分からふいていきましょう

ホコリを吹き飛ばしたら、HAKUBA KA-35 シリコンクロス LL(ネル製・34×34cm)などのシリコンクロスでレンズとの接合部分からふいていきましょう。

この部分は、金属部のみでOKです。くれぐれも、ミラーなど内部に、シリコンクロスを触れないように注意しましょう。ホコリが接合部に残ったら、ブロワーで吹き飛ばしましょう。

ついでに、レンズロックレバー(レンズロックボタンともいいます)の周囲もホールディングの際に触れる所なのでブロワーとシリコンクロスできれいにしておきましょう。

(7)ホコリの残りがないかを確認します

接合部分の内側、外側をふいたら、ホコリが残っていないことを確認しましょう。

(8)カメラに付いているレンズをきれいしましょう

こんどは、カメラについているレンズ(標準レンズなど買った時にカメラに付いているレンズという意味です)をきれいにしましょう。

カメラとの接合部分の金属をきれいにします。レンズには、シリコンクロスを触れないように注意しましょう。

みがきあげて、接合部がきれいになったら、ブロワーでホコリを吹き飛ばし、ホコリのないことを確認してカメラにつけましょう。

カメラとレンズにあるマウント指標(赤い丸印です)を位置を合わせて、レンズロックレバー(レンズロックボタンともいいます)を押しながらレンズをカメラに接合します。

そして、レンズをまわして、「カチッ」と音がしたらレンズとカメラがはまったことになります。

(9)接合したら、ボディにブロワーをかけていきます

接合したら、シリコンクロスでカメラを包むように持ち(座った状態で太ももの上に置くとやりやすいです)、ボディにブロワーをかけてシャッタースピードダイヤルや巻き上げレバー、フィルムカウンター(撮影枚数を表示する窓です)の周囲をふいていきます。

入りくんだ場所なので、シリコンクロスの先を使ってふきましょう。

メガネ拭きでも構いません。ただ、メガネ拭きだとシリコンクロスより薄いので、多少力を入れるか、ふく回数が多くなるかもしれません。

周囲をふいたら、シャッタースピードダイヤルや巻き上げレバー、フィルムカウンターもふきます。

(10)カメラ中央部をふいて、巻き戻しノブのホコリを飛ばす

つぎに、カメラ中央部をふいて、巻き戻しノブ(裏ぶたは開けないようにしましょう)、感度設定ダイヤルも持ち上げてブロワーを吹き付けホコリを飛ばします。ホコリを飛ばしたら、巻き戻しノブの下もシリコンクロスでふきましょう。

(11)ファインダー窓をシリコンクロスでふきましょう。

ファインダー窓やその左右も指や「ひたい」が触れる所なので、シリコンクロスでふいておきましょう。

カメラの底もシリコンクロスをひいていれば、それでふけていると思いますが、念のためにしっかりとふいておきましょう。ふく前後には、ブロワーも忘れずに吹き付けましょう。

(12)ぶつけないようにカメラバックや保管ケースにしまいましょう

これでカメラは一通りふき終わりましたので角をぶつけないよう慎重にカメラバックや保管ケースに戻します。

ストラップを付けていれば、それをレンズの前に置いてレンズを保護しておきましょう。

 しまう時に気をつけて見てください。
シャッターが、巻き上がったままになっていないか、また、電源が、切れているかを確認してください。
(メーカーやカメラによって異なる場合がありますので使用説明書で確認してください)

とくに、電源はきちんと見て下さい。電源ボタンとシャッターボタン兼用で、きちんとロックされていないと誤って電源が入ってしまい、電池を消耗します。また、しばらく使わない時は、電池を抜いておきましょう。液漏れを防ぐためです。



[▲このページの一番上にもどります]


2.レンズの手入れについて

(1)ブロワーでレンズについたホコリやゴミを吹き飛ばします

まず、レンズのフタをはずして、ブロワーでレンズについたホコリやゴミを吹き飛ばします。

決してシリコンクロスでレンズの表面をふかないでください。もし、ふいてしまうとレンズに傷がついて写真の写りにも影響が出ます。

通常は、ブロワーでホコリやゴミを吹き飛ばすだけでOKです。

もし、雨や指紋などの汚れが付いたら、レンズ専用のクリーナーとクリーニングペーパーでふき取るようにしてください。

その際は、クリーニングペーパー以外の紙は使わないようにしましょう。

 レンズをふくときは、HAKUBA KMC-06 レンズクリーニングペーパー100のようなクリーニングペーパーに、クリーナー液を少し付けて、レンズ中央から円を描くようにゆっくりと力を入れずにふいていきます。

一番外側をふき終わるまで決してあせらず、力を入れないで丁寧にふいてください。

ふき終わったら、レンズにふきムラがないかどうかを、よく見てください。レンズの上から横から色々な角度から確かめてください。

なければレンズ面は終わりですが、ムラがあったら、使ったのとは、別のクリーニングペーパーでレンズ中央からゆっくりとふいてください。

くれぐれも、ふき残しがないようにしてください。

最後は、ブロワーで、細かいホコリを飛ばし、フタもホコリを飛ばした上(とくにレンズの側)でレンズにフタをします。

(2)レンズを一杯に伸ばして最も長い状態したまま、ブロワーをかけます

これでレンズ面は終わりました。
つぎは、レンズを一杯に伸ばして最も長い状態した後、ブロワーをかけ、付いているホコリを飛ばします。

この際、接合部側からもブロワーをかけましょう。最も長く伸びている状態なのでレンズ内側も奥まで手入れができるということです。ただし、レンズには触れないように。

そして、シリコンクロスでブロワーをかけた所をふいて、また、ブロワーをかけてホコリを飛ばしてレンズを元の状態、つまり、全長が最も短い状態に戻します。

(3)絞り羽根の動作を確認します

絞りを最小絞り(数字が最も大きい絞りです)にして、カメラとの接合部にあるレバーを手で動かして最小絞りまで絞られることを確かめます。内部の絞り羽根が見える角度で行なってください。

この時、つばを飛ばしたり、ガラス面や接合部の金属に触れないようにしてください。
しつこいですが、ガラスの汚れは写りに影響しますよ。

以上でレンズ全体の手入れが終わりましたので、レンズをぶつけないよう慎重にカメラバックや保管ケースに戻します。



[▲このページの一番上にもどります]


3.アクセサリーの手入れ

(1)フード

フードもカメラほどではありませんが、手あかや指紋が付きます。
ブロワーでホコリをはらった後、汚れをシリコンクロスでふき落としましょう。

レンズに挟んだり、ねじ込んだりする部分もブロワーやシリコンクロスできれいにしておきましょう。

(2)ワインダー(モータードライブも含みます)

@電池を抜く前にきちんと動作するかを確認しておきましょう。
A大丈夫なら電池を抜いて、ついでに電池入れの内部をきれいにしましょう。
ブロワーでほこりを吹き飛ばすだけで、大丈夫だと思います。
B電池入れを元に戻したら全体をブロワーにかけます。
Cカメラとの接続部の中で、コネクターと言われる電気信号をやり取りする部分、巻き戻しボタンを押した時に出る突起をシリコンクロスでふきましょう。

他の接続部は、ブロワーのみでよいです。それは、シリコンクロスに付いたホコリが各部を通じてワインダーの内部に入る可能性があるからです。

コネクター、巻き戻し用の突起もその意味では同じですが、突起として出ているので万一ホコリが付いても、ブロワーで吹き飛ばすことができるからです。

(3)カメラバッグ

カメラバッグも底の部分が汚れていると思いますので、ぞうきんなどでふいてきれいにしてください。

そして、天気の良い日にはバッグを開けて、中を太陽や風にあててください。
陰干しでも構いません。

雨の日に使用した時には、後日、干してさっぱりさせておきましょう。

ともかく、撮影で使ったものは、できるだけ早いうちにきれいにしておくということを忘れないでください。








▲このページの一番上にもどります

>> STEP 4 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
夜行バス 格安 | 航空券 格安 直前
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.