経済指標発表
このページをブックマークサービスに追加 >> 

STEP 3 鉄道撮影テクニック解説 〜『あかり』

写真9の解説


「あかり」(サハ204) 山手線 駒込〜田端

【タイトル】

あかり





【作品解説】

日が落ちて車内からの光がかすかに外を照らします。その光にぬくもりを感じました。





【撮影データ】

場所山手線 駒込〜田端
カメラフィルムカメラ
レンズ35-105mm
シャッター速度1/4
絞りf3.5
フィルムISO400カラーリバーサルフィルム





【ひとこと】

低速シャッターになるほど、被写体と同調させるのは、難しくなります。

それは、ブラックアウトの時間が長くなるためです。別の言い方をすれば、被写体の動きに同調しているのか確認できない時間が長いのです。

それでも、流し撮りの基本は、被写体の中で止めたい部分をしっかりと見つづけることです。

これができていれば、300ミリの望遠レンズで、1/15秒といった厳しい条件でも成功させることはできます。

できていなければ、何が写っているかさえわからないでしょう。







▲このページの一番上にもどります

>> STEP 3 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
寝台特急で旅行しよう! | 夜行バス 大阪 東京 | JR 新幹線 料金 | 国内格安航空券
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.