経済指標発表
このページをブックマークサービスに追加 >> 

STEP 3 鉄道撮影テクニック解説 〜『光跡』

写真5の解説


「光跡」西武池袋線 清瀬付近

【タイトル】

光跡





【作品解説】

冬の朝、まだ日が昇る前、線路が鈍く光る。
「線路の光跡を表したい」と考え、ズームレンズを目一杯望遠にして、線路の輝きを測光しました。
その値から、露出を、絞りながら数枚撮影し、色のノリが最も良く、朝焼けの空の色が写しこまれているこのカットを選びました。





【撮影データ】

場所西武池袋線 清瀬付近
カメラフィルムカメラ
レンズ35-105mm
シャッター速度1/30
絞りf3.5-5.6
フィルムISO100カラーリバーサルフィルム





【ひとこと】

こうした場合、狙いは絞った方が良いです。空も朝焼けできれいでしたが、それを入れたら、散漫な印象しか残らなかったと思います。

露出は、TTLのままでは、オーバーになりますので、カメラで測った測光値よりも、絞って撮影してください。その加減に迷ったら、半絞りごとなど段階的に、絞りを絞っていきながら撮影してください。







▲このページの一番上にもどります

>> STEP 3 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
寝台特急で旅行しよう! | 夜行バス 大阪 東京 | JR 新幹線 料金 | 国内格安航空券
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.