経済指標発表

STEP 3 鉄道撮影テクニック〜撮影中のカメラやレンズの扱い方

鉄道撮影している時のカメラやレンズの扱い方について書きました。

1.乱暴に扱わないでください
2.入れる場所を決めておきましょう
3.撮影中や移動中には使わない機材はしまっておきましょう
4.レンズは安定した置き方をしましょう
5.カメラをカメラバッグに入れる時は、水平にしましょう
6.夏の車の中など、高温多湿の所へ保管したり、置くことは避けましょう



1.乱暴に扱わないでください

何も撮影中に限ったことではありませんが、カメラやレンズ、その他の機材を投げたり、ぶつけたりしないでください。

また、雨など、水に濡らすことも避けてください。

雨の中で撮影することがある場合は、カメラやレンズには、レインカバーが売られているので、それを使うようしましょう。また、あなた自身は帽子などでしのぎましょう。

カサを差しながらでは、カメラやレンズを片手で持ったり、肩を無理に上げたりしてカメラやレンズを持つのが、不安定になりがちです。

また、周囲の人にも迷惑で危険でもあるのでやめましょう。



[▲このページの一番上にもどります]


2.入れる場所を決めておきましょう

バックの中で、「ここはカメラ」、「ここにはレンズ」とカメラ、レンズ、フードやフィルムなど入れる場所は事前に決めておきましょう。一ヶ所に入れてしまうと出し入れに不便です。

また、機材同士がカメラバッグの中でぶつかって傷がつく可能性もあります。



[▲このページの一番上にもどります]


3.撮影中や移動中には使わない機材はしまっておきましょう

あたり前のように聞こえますが、大切なことです。

外に出ればホコリやゴミ、汚れが付くのは仕方がないのですが、だからと言ってカメラバッグにも入れずにむき出しで持ち歩くのはよくありません。

それは、カメラがホコリや汚れを嫌う精密機械だからです。

ですから、面倒かもしれませんが、使わないことがハッキリしている時は、ホコリやゴミ、汚れを避けるために機材は、きちんとカメラバッグにしまっておきましょう。

レンズなどもフタをして無駄なホコリが付く事を避けましょう。



[▲このページの一番上にもどります]


4.レンズは安定した置き方をしましょう

接する面積が広い方を下にした方が安定します。
レンズ単体でしまう場合、それは、カメラとの接合部ではなく、レンズ面の方ですので、これを下にしてカメラバッグに入れます。

入れる部分のスペースがレンズの大きさに合っていれば、逆さまにでもしない限りカメラバッグの中で動いたり、外に出てくることはないでしょう。

スペースがレンズより大きい時には、ティッシュやフィルムを箱ごと入れてレンズができるだけ動かないようにしましょう。

なお、置く時には、レンズの全長を最も短くして、絞りは、最小絞り(数字が最も大きい絞りのことです)に、レンズのフタはしておきましょう。



[▲このページの一番上にもどります]


5.カメラをカメラバッグに入れる時は、水平にしましょう

カメラをカメラバッグに入れる時は、レンズがおじぎしたりしないように水平になるように入れましょう。

たとえば、ワインダーやモータードライブを付けたままカメラバッグに入れる時は、ストラップをレンズの下にしてカメラを水平に保つように入れています。

ストラップとは、カメラに取り付けて、カメラを首や肩からぶら下げるためのアクセサリーです。これによって、両手があいて、ない時と比べ、カメラを落とす心配が格段に少なくなります。

カメラメーカごとに製品が出ていますので付けておいてください。

蛇足ですが、食事などで、テーブルなどに置く場合でも、レンズがおじぎしないように。
レンズの下にストラップを入れたり、フィルムケースや時刻表など厚めの本を置くようにしましょう。

こうすれば、レンズとカメラとの接合部に無理な力がかからずに済み、結果としてカメラやレンズを長持ちさせる事にもなります。



[▲このページの一番上にもどります]


6.夏の車の中など、高温多湿の所へ保管したり、置くことは避けましょう

カメラやレンズだけでなく、フィルムにもよくありません。
なお、フィルムの保存について、くわしくは、使用前のフィルムの保管についてを見てください。







▲このページの一番上にもどります

>> STEP 3 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
夜行バス 格安 | 航空券 格安 直前
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.