経済指標発表
このページをブックマークサービスに追加 >> 

STEP 3 鉄道撮影テクニック〜ピントについて

鉄道写真撮影の肝であるピントについて書いています。

1.ピントとは?
2.ピンぼけって?
3.ピント合わせ オートフォーカス対マニュアルフォーカス



1.ピントとは?

焦点のことです。オランダ語のピュントがなまって発音されたという、日本だけの俗語です。

ピントは焦「点」という言葉でも表されるとおり、被写体の中の1点にしか合いません。その点がフィルム面と重なった時にピントが合って見えるのです。

ピントは、レンズの光軸(こうじく)と平行に入射する光束(こうそく)がフィルム面で光軸に交わる点ということもできます。

ピントの図
※ピントの前後にある円はボケです。ボケは錯乱円(「さくらんえん」と読みます)ともいいます。

上の図のようにピントの前後はボケています。
しかし、そのボケが人間の目では確認できないくらいの小さなものであるため「合っているように見える」のです。

これを正式には、被写界深度(ひしゃかいしんど)といいます。
被写界深度については「被写界深度」で詳しく述べていますのでそちらを見てください。



[▲このページの一番上にもどります]


2.ピンぼけって?

「ピンぼけ」は、撮影の時に、自分が撮りたい対象からピント位置がズレてしまっているつまり、ピントがフィルム面上にないことをいいます。

ピントを合わせるとは、画像を鮮明に結ぶ点をフィルム面上に持ってくることです。

対して、ボケは、上の図のようにピントの前後にあって、ピントから離れるほど大きくなります。

ピントは点ですから、その点がフィルム面からズレていればボケてみえます。
そして、ピントがフィルム面から遠くにズレているほどボケは大きく見えます。

ですから、「ピンぼけ」は、ピントの前後にあるボケの中に、合わせるはずの被写体が入ってしまっているということもできます。

「ピンぼけ」は、被写体以外の背景など、どこかにピントが合っていることがあり、ブレがありません。

「ピンぼけ」はその位置によって呼び名が異なり、「前ピン」や「後ピン」という言いかたをしています。

前ピンは、被写体の前のものにピントが合っている状態、後ピンは被写体の後方、あるいは背景にピントが合っている状態です。

もし、画面のどこにもピントが合ってなく、画面全体がブレていれば、それは「ピンぼけ」ではありません。

シャッターが開いている間にカメラが何らかの原因で動いてしまったからです。

原因としては、ミラーショックや手ぶれ(「カメラぶれ」ともいう)が考えられます。



[▲このページの一番上にもどります]


3.ピント合わせ オートフォーカス対マニュアルフォーカス

走行している列車を撮るとすれば、シャッターを切る位置にあらかじめピントを合わておくのが基本で、これには、2つの方法があります。

オートフォーカス(Automatic Focus)といってレンズがカメラやピント合せを行なうものと、マニュアルフォーカス(Manual Focus)といって自分の手でピントを合わせるものです。
(それぞれ頭文字をとって、オートフォーカスは、『AF』。マニュアルフォーカスは、『MF』ということもあります)

結論からいえば、両者をうまく使い分けるようにしましょう。
オートフォーカスは、手動でピントを合わせるよりも、素早く正確にピントを合わせることができますが、足を引っ張ることもあるので、その使用はケースバイケースにしたほうが良いと思うからです。

以下に、オートフォーカスとマニュアルフォーカスの比較をしましたので参考にしてください。


(1)オートフォーカスのままでピントを合わせる

 オートフォーカス(以下:AF)の良さとしては、以下のようなものがあると個人的に思います。

・AFだと、煩わしく感じる時もあるピント合せが瞬時に出来るので、シャッターチャンスだけに集中できる。
・AFは、駅での停車中の撮影や停車時間の短い時の撮影に役立つ。その速さの分だけ画面構成に時間をかけられる。
・半地下のような合わせづらいところでもきちんと合っている。
駅撮りはAFでよいと思います。
・反射して見ずらいガラスの下にあるLED行先表示機にもきちんと合っている。
・道床の石のように細かいものにでもピントは合わせられる。
・AFなので、列車が見えてからでも余裕を持ってピント合せが出来る。

 AFで撮る時に、注意することは、

・置きピンをした場合、ピントを合わせたポイントを忘れない。
(これは、マニュアルフォーカスにも言えますが。)
・AFは、構図→ピント→シャッターの順で撮影を行なう。
AFの場合、ピントが最初だと画面の被写体を中央に置く癖がつくように思います。画面構成をした上でピントを合わせ、フォーカスロックをしてから撮影しましょう。

つぎは、マニュアルフォーカス(以下:MF)にして、手でピントリングを回しながら合わせます。

(2)マニュアルフォーカスでピントを合わせる

 MFでのピント合せのポイントは、

・ピントを合わせてみて、レンズで示されている距離と目で見た感じとの距離とがかけ離れていないか?
・これ以上、ハッキリと見えないというところまでピントを合わせておく。

最初は、中央でも仕方ないですが、慣れてきたらマット面(中央以外の面)でピントを正確に合わせられるようにしましょう。







▲このページの一番上にもどります

>> STEP 3 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
寝台特急で旅行しよう! | 夜行バス 大阪 東京 | JR 新幹線 料金 | 国内格安航空券
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.