経済指標発表
このページをブックマークサービスに追加 >> 

STEP 3 鉄道撮影テクニック〜シャッターと絞り

鉄道撮影で大切なシャッターと絞り、シャッターと絞りの選択などについて書きました。
なお、マニュアル露出やオート露出など露出に関することは、「露出について」を見てください。

1.シャッターとは?
2.シャッタースピードと明るさの関係
3.絞り
4.シャッターと絞りの選択について



1.シャッターとは?

シャッターは、フィルムにあたる光の時間をコントロールします。

シャッターボタンを押すとミラーが上がり、設定された時間だけシャッターをあけると閉じます。

シャッタースピードは、表示パネルやファインダー内、シャッターダイヤルに書かれている数字で、数字が大きくなるほど速いシャッター=光があたる時間が短くなっていきます。

書かれている数字は、分数の分母であり、例えば、「500」なら500分の1秒、ということです。
また、「2s」や「4s」は、それぞれ2秒、4秒を、「B」や「bu」はバルブを表します。

バルブは、夜間の天体撮影など設定されている最も遅いシャッターよりも遅い時に使います。



[▲このページの一番上にもどります]


2.シャッタースピードと明るさの関係

撮影時の明るさが同じならば、シャッタースピードを速くするほど画面は暗くなり、遅くするほど画面は明るくなります。

たとえば、1/250秒を基準にすると、光のあたる時間は1/500秒では半分に、1/125秒では2倍になります。

ですから、1/125秒と1/500秒では、光のあたる時間には4倍の差があります。



[▲このページの一番上にもどります]


3.絞り

(1)絞りとは?

絞りは、光を通すための蛇口です。

一定時間フィルムに光をあてるとして、
絞りを絞り込むとフィルムにあたる光の量は減り、暗い画像になります。

逆に絞りを開けるとフィルムにあたる光の量は増えて、明るい画像になります。

ですが、フィルムにあたる光の量を決定付けるのは、絞りだけではありません。
時間(つまり、シャッター速度)という要素があります。



シャッター速度と絞りの関係は…。

たとえば、ここに、1リットル入るコップがあります。いま、これに蛇口から水を入れようとしています。

1リットルは一定の明るさです。
コップは、フィルム。蛇口は絞り。水は光をそれぞれ置き換えていると考えて下さい。

蛇口を全開にして60秒でコップは満杯になりました。

まず、蛇口(=絞り)を元の半分にしたらどうでしょう。
蛇口から出る水(=光)の量は半分に減り、満杯まで120秒かかりますね。

さらに、蛇口を元の4分の1にしたらどうでしょう。
蛇口から出る水の量は4分の1に減り、満杯まで240秒かかります。

絞りもこれと同じで、絞りという蛇口を開ければ開けるほど、一度に水(=光)をたくさん通すことができ、コップ(=フィルム)にたくさんの光を与えて、コップを短時間で満杯にすることができます。

反対に、蛇口を絞っていけば、それに比例して、一度に水は少ししか通れず、コップには少しの水しか届きませんが時間をかけてやれば、コップは満杯にできます。

つまり、

シャッター速度と絞りは反比例の関係にあります。

「なんだそんなこと当たり前じゃないか」と思うでしょう。
わたしもそう思います。

しかし、絞りのイメージを理解してもらうには大切なことです。

レンズの絞りリング 具体的に、絞り=蛇口の大きさは数字で表されます。円の中のレンズに横一列で並んでいるいくつかの数字がそれです。

表記は、英語の大文字のFを使い、F8などとします。

この数字が小さいほど絞り=蛇口は開き、大きいほど絞り=蛇口は絞められています。

よって、ある絞りを基準にすれば、「絞りを開ける」とは、数字を小さくし、蛇口を開けて光をたくさん通すことを、「絞りを絞る」とは、数字を大きくして、蛇口を絞り、光の通す量を少なくすることを意味します。

絞りを1絞り開ければ、光の量は2倍に、1絞り絞れば光の量は半分になります。

(2)絞りに関連する用語

@最小絞り
レンズに書かれている絞りの中で、一番大きな数字です。
つまり、レンズで最も絞られた絞りをいいます。
A自動絞り
一眼レフカメラ用の絞り作動方式で、シャッターボタンを押すと、ミラーの跳ね上がりと同時に絞り羽根が自動的に設定した絞りまで絞り込まれる仕組みです。
B絞り羽根
絞りは何枚かの薄い金属板を使い、それが円になるように重ねてあります。この金属板のことを絞り羽根といいます。



[▲このページの一番上にもどります]


4.シャッターと絞りの選択について

あなたが何をどう撮りたいのかによって大きく変わってきます。

きっちりと列車を止めて写したいのなら、速いシャッタースピードを選択しなければなりません。

このことは、フィルム感度によって程度の差はありますが、撮影時の明るさがないほど絞りを開けなければならないということです。

逆に、スピード感や躍動感など動きを表現したい時には、遅いシャッタースピードほど被写体や背景のブレは大きくなるので、フィルム感度と撮影時の明るさにもよりますが、列車を止めて写す場合よりも絞りを絞り込むことになります。

ちなみに、絞り込むことを「絞りを稼ぐ」ともいいます。

絞りという点からみれば、停車中の列車の後部までピントを合わせたいなど、被写界深度を深くしたい時にはシャッタースピードは遅くしなければいけません。

シャッタースピードと絞りの関係は、一定の関係を保っています。

フィルムの感度に関係なく、


 シャッタースピードを速くしたければ、絞りは開ける=絞りの数字を小さくして、フィルムにあてる光の量を多くしなくてはなりません。

逆に、絞りを絞りたければ、シャッタースピードは遅く=シャッターの数字を小さくして、フィルムに光があたる時間を長くしなくてはなりません。

こうした関係を相反則(そうはんそく)といいます。


ですから、フィルム上に常に一定の明るさを与えたいのなら、速いシャッタースピードで絞りを絞り込んで撮影するということはできません。

よって、あなたが何を表現したいのか。きっちり列車を止めたいのか、スピード感や躍動感を出したいのかなどを決めた上でシャッター速度と絞りを選択してください。







▲このページの一番上にもどります

>> STEP 3 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
トワイライトエクスプレス 予約 | JR 新幹線 料金 | 寝台特急で旅行しよう!
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.