経済指標発表

STEP 2 撮影前の準備〜遠い場所が良いとは限りません

鉄道撮影で大きなウェイトを占める「撮影場所」選び。

この最大のポイントは「あなたは何を撮りたいのでしょうか」ということであり、これを基準に場所を選ぶことが、撮影が成功する上でとてもことだということを書きました。

その時に注意して欲しいのは、いたずらにお金をかけて遠くに行ったからと言って良い写真が撮れるというわけではないということです。

わたしは、「遠くに撮影に行くな」と言っているわけではありません。
ただ、近ければ近いほど、何度も行けるので、コレを撮りたいという「こだわり」を持った撮影では有利だということです。

1回の撮影で自分の納得の行く写真が撮れるとは限りません。

まして、「こだわり」のレベルが高いほど何度も通うようになるでしょう。
その中であなたは様々な知識や経験を得ることでしょう。

このことについては、『「こだわり」を持ちましょう』や『「こだわりを持つ」ことで試行錯誤できます』を見てください。








▲このページの一番上にもどります

>> STEP 2 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
寝台特急で旅行しよう! | 夜行バス 大阪 東京 | JR 新幹線 料金 | 国内格安航空券
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.