経済指標発表

STEP 2 撮影前の準備〜事前にメモを用意する


列車の時刻や車両形式などをメモして次回の撮影に役立てましょう。


■メモを用意しましょう

鉄道を撮影するときはメモを持っていきましょう。

あなたが撮っている場所を通る列車の時刻や車両形式などを、あなたがわかる範囲でメモしておきます。

最も、正確で信頼がおける情報です。

なぜなら、あなたの目の前で起こっていることなのですから。

何よりも、確かな情報源として、また、同じ撮影地に行く時には使えます。

注意してほしいのは、ダイヤが改正されると、基本的に使えないと考えてください(あたり前ですが)。時刻が変更されるからです。

ただし、ダイヤ改正があっても、中には、時刻が変わらない列車や数分程度の修正で済む列車もあるので、目安程度には使えます。

こうした時には、ダイヤ改正以前の情報に修正を加えれば、また、使えます。

メモしておくと役に立つと思われる情報をあげておきます。

1.列車が上り列車なのか下り列車なのか(わからなければ、自分の立っている場所を基準に左右どちらから来たかでも良いです)。
2.列車が自分の立っている場所を通過した時間(できれば、24時間制で書いておけば、後で時刻表など情報を整理する時に良いです)。
3.列車の種類(旅客列車なのか、貨物列車なのか。旅客列車ならば、回送かお客さんが乗っているのかまで確認できればなお、良いです)。
4.車両形式(機関車で同じ形式が、連なっている時はその両数も書いておくと良いです)。
5.外見的な特徴(たとえば、プシュプルのように列車の前後に機関車が連結されている状態)があればそれもメモしておくと良いと思います。








▲このページの一番上にもどります

>> STEP 2 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
トワイライトエクスプレス 予約 | JR 新幹線 料金 | 寝台特急で旅行しよう!
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.