経済指標発表

フィルムの基礎知識〜リバーサルフィルムの感光・現像・定着

カラーリバーサルフィルムの感光・現像・定着について書きました。


カラーリバーサルフィルムの感光・現像・定着

(1)カラーリバーサルフィルムへの感光

シャッターが押され、レンズからの光が、フィルムに光があたると、フィルムに塗られている、青、緑、赤の光に感光する乳剤が感光します。

つまり、青感光乳剤は、青い光に、緑感光乳剤は、緑の光に、赤感光乳剤は、赤い光に感光するというように、それぞれの色の光に感光します。

乳剤は、弱い光にも反応します。
ちなみに、黒は記録されず、白はすべての層に記録されます。


こうして感光した乳剤は、フィルムの中で化学変化を起こし、目には見えない画像、つまり、潜像をつくり出します。

(2)カラーリバーサルフィルムの現像

感光することによってできた潜像を、目に見える画像にするのが現像です。
この段階では、2段階の現像工程(後述)と漂白や定着などを経て、カラーのポジ像が現れます。

簡単に書くと、
カラーリバーサルフィルムの場合には、カラーネガフィルムとは反対に、光があたらなかった部分が発色します。

つまり、
青感光乳剤層では、青い光に感光しますが、光があたった部分は透明になり、光があたらなかった部分は青の補色である黄色に発色します。

同じように、緑感光乳剤層では、緑の光に感光しますが、光があたった部分は透明になり、光があたらなかった部分は緑の補色であるマゼンタに発色します。

赤感光乳剤層では、赤い光に感光しますが、光があたった部分は透明になり、光があたらなかった部分は赤の補色であるシアンに発色します。

2段階の現像工程の中身を詳しく書くと、

 2段階の現像工程の中身
@第1現像(白黒現像ともいいます)
被写体からの光を青、緑、赤の3色に分解して、モノクロのネガ像を作ります。
この段階では、モノクロなので色は付いていません。

A反転浴(ネガフィルムからリバーサルフィルムになります)
第1現像でできたネガフィルムに、光や薬品を使用し、画像の明暗を反転します。
これで、第1現像でネガとして形成された部分以外が露光されますので、ネガフィルムからリバーサルフィルムになります。画像はモノクロです。

ちなみに、リバーサル(Reversal)という言葉は英語の「反転」、「逆転」からきています。

B第2現像
反転した部分の現像と発色現像が行なわれ、各乳剤層内の発色剤が反応して青がイエロー、緑がマゼンタ、赤がシアンというように、各補色に発色し像が形成されます。
また、発色現像で各色の層には黒白の銀画像と色素画像が出来ます。

C漂白
第2現像でできた黒白の銀画像を漂白すると、カラーのポジ像が現れます。
白い部分は透明に再現されることになります。

2段階の現像工程が終わった後のリバーサルフィルムは、イエロー、マゼンタ、シアンの3つの補色の濃淡による画像を3枚重ねて、白い光で透かして見ているようです。

(3)定着

フィルムの感光性や、処理に使いフィルムにまだ残っている薬品を取り除いて画像を安定させます。

▼カラーリバーサルフィルムの現像前と現像後の乳剤層の構造と役割

カラーネガフィルムでは、乳剤は感光(露光)した部分が補色に発色しますが、カラーリバーサルフィルムの場合は、感光(露光)しなかった部分が補色に発色することになります。


カラーリバーサルフィルムの乳剤層の構造と役割の図


つまり、カラーリバーサルフィルムは、カラーネガフィルムの反対をさらに反転することで、実際の明暗や濃淡、色を忠実に再現しているのです。



つぎのページは、「フィルム感度について」です。








▲このページの一番上にもどります

>> STEP 1 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
航空券 格安 直前 | トワイライトエクスプレス 予約 | 男性の恋活の体験談
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.