経済指標発表

フィルムの基礎知識〜ハレーションについて

ハレーションについて書きました。


ハレーションとは?

ハレーションとは、撮影のときに、フィルムに、あまりにも強い光が当たり(=露光する)、フィルムの中で光が反射して感光することです。

フィルムの構造で見たように、フィルムの構造は、フィルムベースの上に、青、緑、赤の各乳剤層が均一に塗られています。

しかし、この乳剤層を通った光が、乳剤層とフィルムベースとの境界や裏面で反射して乳剤層の部分が感光します。

ハレーションが起こると、像の周りに輪がでてしまいます。

フィルムには、このハレーションを防止するためのハレーション防止層が、乳剤層とフィルムベースとの間に塗られています。

ハレーション防止層の図



つぎのページは、「粒状性について」です。








▲このページの一番上にもどります

>> STEP 1 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
航空券 格安 当日 | 夜行バス 大阪 東京 | 寝台特急で旅行しよう! | 無職の人がお金を借りる方法
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.