経済指標発表

フィルムの基礎知識〜ハロゲン化銀について

ハロゲン化銀について書きました。


ハロゲン化銀とは?

ハロゲン化銀は、フィルムに画像を作っている乳剤の元です。

デジタル写真を除けば、写真では必ずお世話になっている感光材料です。

化学の元素でハロゲン族といわれている、臭素(しゅうそ)、塩素、沃素、弗素(ふっそ)は、それぞれを銀と化合すると感光性、つまり、光に反応する性質を持ちます。
この化合物を総合してハロゲン化銀といいます。

ちなみに、臭化銀、塩化銀、沃化銀、弗化銀の順に感光性が高いです。
このうち、写真に使われたのは臭化銀、塩化銀、沃化銀です。

銀というと、グレーに光った純銀の固体を思い浮かべますが、感光材料の銀は不透明体としてのみ働くので黒く見えます。



つぎのページは、「ゼラチンについて」です。








▲このページの一番上にもどります

>> STEP 1 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
東京 大阪 夜行バス | 新幹線 座席表 | トワイライトエクスプレス 予約 | 妊娠の兆候と初期症状
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.