経済指標発表

フィルムの基礎知識〜色温度とは?

フィルムの色温度について書きました。


フィルムの色温度は、デーライトフィルムとタングステンフィルムの大切な前提知識となります。

色温度とは、ライトバランスともいわれ、人間の眼で見た光の赤味や青味をしめすものです。

色温度は、「黒体」という仮想の物質を加熱したときに出る光の特性を、そのときの温度を借りて表現したものです。

具体的にいうと、金属を熱していき温度が上がるにしたがってその色は、低いほうから、赤→黄→白となり、最後には青白へと変化していきます。

色温度は、この光の色と、その時の温度を関連付けたもので、明るさは、考慮せずに光の色のみを表示しています。

たとえば、日中の太陽光やストロボ光は、白色の光(白色光といいます)であり、金属でみれば、白色の光を放つ時の温度が5500Kとなります。

色温度の単位は絶対温度のK(ケルビン)を用います。
絶対温度とは、絶対零度(−273.15度)を基準にした温度表示です。

電球のフィラメントは黒体に似たものといわれて、1000Kでは橙(だいだい)色、5000Kでは白色、1万Kでは青白い光を放ちます。

目安として、色再現に関係するカラーフィルムのタイプと被写体の色温度の関係をまとめてみました。

ここで重要なことは、

 タングステンフィルム、デーライトフィルムともそれぞれの基準から上方にいくほど赤味が強くなり、下方にいくほど青味が強くなるということです。

▼色温度とその明るさ、発色傾向

色温度明るさ・環境フィルムの発色傾向
2500K夕方の屋外赤味が増す
赤味が増す
2900K家庭用電球
3200Kタングステンフィルムの基準タングステンフィルム正常発色
3500K〜4000K早朝、夕暮れ、日の出後、日没前青味が増す
4500K〜5000K晴天(春秋)の9時、15時
5500Kデーライトフィルムの基準
晴天、夏の太陽光、ストロボ光
デーライトフィルム正常発色
5500K〜6000K明るい曇天青味が増す
6000K〜6500K雨の日の昼間の光
7000K晴天時の日陰の屋外、100%の曇り空








▲このページの一番上にもどります

>> STEP 1 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
トワイライトエクスプレス 予約 | JR 新幹線 料金 | 寝台特急で旅行しよう!
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.