経済指標発表

フィルムの基礎知識〜デュ―プ、インターネガ

デュ―プ、インターネガについて書きました。


デュ―プ・インターネガについて

リバーサルフィルムから、複製をつくることができます。それがデュ―プやインターネガです。

(1)デュ―プ

デュ―プ」とは、「デュ―プリケート」の略でネガフィルムやリバーサルフィルムの複製のことです。
つまり、オリジナルとまったく同じ品質のものを作るコピーということです。
オリジナルのフィルムに傷をつけたくないときなどに便利です。

オリジナルのフィルムをオリジナルと同じサイズを撮影、密着焼付けなどの方法で作成します。

また、プロラボなどでは、オリジナルより大きくしたり(35ミリから6×7判など)、小さくしたりしたサイズのものを撮影、密着焼付けなどの方法で作成します。

大きくした方が、プリントの際の拡大率が下がるため、写真の質の低下が避けられます。

(2)インターネガ

インターネガ」とは、一般にリバーサルフィルムの画像をネガフィルムにコピーすることをいいます。

リバーサルフィルムから大量にプリントを作るときなど、オリジナルのリバーサルフィルムと同じ画像のネガフィルムを作成し、インターネガからプリントをたくさん作ったほうが値段が安く済みます。



つぎは、「マウント・スリーブ」です。








▲このページの一番上にもどります

>> STEP 1 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
寝台特急で旅行しよう! | トワイライトエクスプレス 予約 | 高校や大学の奨学金制度とは? | 夜行バス 大阪 東京
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.