経済指標発表

フィルムの基礎知識〜コンタクトプリント・ラッシュ

ネガフィルムでも、1枚ずつプリントをしなくても、写真をまとめて見ることができます。


(1)コンタクトプリント

コンタクトプリントの写真コンタクトプリント」とは、「ベタ焼き」ともいい、ネガフィルムを印画紙の上において、その上に透明なガラス板を載せ、ネガフィルムと印画紙を密着させてつくるプリントのことです。

(左写真は、白黒ネガのコンタクトプリントです)

ネガフィルムと印画紙を密着させることから「密着焼き」ともいわれます。

コンタクトプリントの仕上がりは、フィルムと同じサイズになりますが、1コマ1コマは画面のすべてを見ることができます。

カラーネガのコンタクトプリントは、露出補正や色の補正がされていることが多いです。
(このため、カラーコンタクトプリントの料金は意外に高くなります)

また、ピントが合っているかどうかの確認ができません。これは、乳剤層による厚みがあるために、シャープなコンタクトプリントができないためです。

しかし、1枚の印画紙でまとめて見ることができて、なおかつ1コマ1コマは画面のすべてを把握でき、コンパクトに整理できるのは良いと思います。

(2)ラッシュ

ラッシュラッシュ」とは、ラッシュプリントの略で、ネガフィルムからリバーサルフィルムを作る映画用のプリントフィルムにプリントされたフィルムです。

仕上がりは、カラーリバーサルのスリーブのようにフィルムを6コマずつにカットして、1本分のフィルムを1枚の透明なシートに入れたものです。


ですから、コンタクトプリントと同じく大きさはフィルムと同じですが、1コマ1コマ画面のすべてを見ることができます。

ラッシュプリントの依頼は、処理の関係からフィルムをネガ現像に出す時に行なってください。

また、ラッシュプリントは、現像所によって露出や色の補正をしている場合としていない場合がありますので、依頼するときには現像所に確認してください。



つぎのページは、「インデックスプリント」です。








▲このページの一番上にもどります

>> STEP 1 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
トワイライトエクスプレス 予約 | JR 新幹線 料金 | 寝台特急で旅行しよう!
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.