経済指標発表

フィルムの基礎知識〜カブリ

フィルムのカブリについて書きました。


フィルムのカブリについて

写真の世界では、フィルムやプリントの仕上がりのカラーバランスが崩れている状態を「かぶっている」と表現します。

たとえば、「かぶり」でよく知られているのが、蛍光灯の下で撮影した写真に起きる「緑かぶり」で、緑色のフィルターをかけたかのように緑色がかぶってしまいます。

また、青い光の下で撮影された写真も「青かぶり」、「青がかぶっている」といわれる青味が強い写真になってしまいます。

人間には、色順応という機能がありますので、どんな色の光も白に見えますが、フィルムはそこまでの機能はありません。したがって青い光の下では、青くなり、蛍光灯の下では緑がかった写真になってしまうのです。

青くなったり、緑がかった写真は、撮影するときに、フィルターで補正することで、目で見たのと変わらない程度に写ります。

そして、朝夕の太陽が低い時の光の中で撮ったときも、赤味がかって写ります。これも「かぶり」です。

しかし、自然風景の場合には、目で見ても朝夕の光は、赤く見えますし、写真にしたとしても、自然で雰囲気がでます。

この他にも、フィルムにとって有害な光が露光してしまうことも「かぶり」と言われます。




つぎのページは、「フィルムの乳剤番号」です。








▲このページの一番上にもどります

>> STEP 1 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
航空券 格安 直前 | トワイライトエクスプレス 予約 | 男性の恋活の体験談
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.