経済指標発表

STEP 1 フィルムの基礎知識〜デーライトフィルムとタングステンフィルム

人間の眼には色順応という、様々な光源のもとでも白色光として見れるはたらきがあります。

しかし、フィルムは一定の光源のもとでしか正しい発色をしません。
ですから、使う場所の光源に合わせてフィルムを使い分ける必要があります。

フィルムには光源に合わせて、デーライトフィルムとタングステンフィルムの2タイプがあります。

最初に断っておきますが、「正しい発色」とは、眼で見たとおりの色を発色するという意味で使っています。

(1)デーライトフィルムは、昼光で撮影するためのフィルムです

デーライトタイプは、人間の目の感覚に近い発色をします。
それは、デーライトフィルムは、色温度5500Kで日中、晴天下の太陽光のもとで正しい発色をするタイプのフィルムだからです。昼光やストロボ光での撮影にはそのまま使えます。

しかし、蛍光灯のもとでは緑がかり、タングステン光のもとでは赤味が強く写ります。
これは、フィルムのタイプと色温度があっていないためです。

ですから、カラーネガはデーライトタイプなので、厳密に言えば、タングステン光や蛍光灯のもとなどデーライトでない条件で撮影する時には、補正が必要です。

でも、安心してください。カラーネガは、プリントで色の補正がある程度できます。

しかし、カラーリバーサルフィルムでは、撮影ですべてが決まる=現像行程で画像が仕上ってしまうので、見た目のとおりの発色を望むのであれば、光源に応じたタイプのフィルムを用意するか、フィルターで補正しなければなりません。

(2)タングステンフィルムは、写真用電球の下で使います

フジクローム64T タイプIIなどのタングステンフィルムは色温度が3200Kと低いタングステン光のもとで、正しい発色をするように作られています。

そのため、昼光やストロボ光での撮影にタングステンフィルムを使うと色温度の関係で青っぽく写ります。

赤味の強い光源のもとで正しい発色が出来るように、赤の感度を抑えて作ってあるからです。


なお、ここでは、写真の世界での「タングステン光」という意味で使っています。
タングステンは、もともと、金属元素の名前です。

ちなみに、写真で「タングステン光」という時は、写真用電球の光を指します。

(3)基本的に、光源に合わせたフィルムを使いましょう

自分の表現したいものがハッキリしている。たとえば、デーライトタイプのフィルムをタングステン光のもとで使い、色温度の違いを用い、赤味を持たせた暖かみのある表現や、逆に、タングステンタイプのフィルムをデーライト光のもとで使い、青みを持たせた表現をする場合を除いてフィルムは撮影場所の光源に合わせたタイプを使いましょう。

目的があいまいで、何となく使っていては、ワンパターンの表現になってしまいます。







▲このページの一番上にもどります

>> STEP 1 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
寝台特急で旅行しよう! | トワイライトエクスプレス 予約 | 高校や大学の奨学金制度とは? | 夜行バス 大阪 東京
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.