経済指標発表

STEP 1 機材の基礎知識〜三脚について

三脚について書きました。

1.三脚とは?
2.三脚に関連する道具
3.三脚の使用上の注意



1.三脚とは?

三脚は、「さんきゃく」と読みます。

スピードの遅いシャッターを使う時の手ぶれ防止や夜や暗い場所で行なう長時間露出、セルフタイマーを使っての記念撮影では必要不可欠の道具です。

わたしの記憶の中では、2回しか使ったことがないのですが、それでも三脚を使ったからこそ2回とも撮影に専念できたのだと思います。

そのうちの1回は、大きく引伸ばしました。

ですから、場所や状況をわきまえて使えばあなたの体力的な負担を和らげ、撮影に集中させてくれるよい道具になります。
三脚
三脚は、3本の脚と雲台から成っています。

大きくて頑丈で、機能が滑らかなものがよいとされています。
がっしりとしていて頼れるように見えるからでしょう。

しかし、ただ重いでけでも持ち運びなど歩きまわることの多い鉄道撮影では大変ですので三脚用のストラップを付けるのも一つの手でしょう。

一般的には、中型のものでエレベータ雲台のついているものがよいそうです。
高さを調節できるからでしょう。

旅行用には、スリックコンパクトミニのようなミニ三脚など、小さいものも携帯することを考えると軽くてよいと思います。ただ、一眼レフに大きな望遠レンズをつけたりするには、支えきれず「おじぎ」してしまったりしてかえって不便でしょう。

 三脚選びのポイント
簡単ですがあげておきます。

カメラと持っている中で一番重いレンズを支えられるものがよいでしょう。

実際にその組み合わせで撮影するかは別として、一番厳しい条件でも大丈夫なものならば安心できますよね。

この点も考慮して 「安物買いの銭失い」にならないモノを選んでください。

三脚は、その値段も大事ですが、カメラやレンズを支える大事な足元なのですから、同等とは言わないまでもそれなりに自分の予算の許す範囲でよいものを買いましょう。




[▲このページの一番上にもどります]


2.三脚に関連する道具

(1)雲台

雲台(うんだい)雲台とは、「うんだい」と読み、カメラを載せる台とパン棒(写真で右下に伸びている棒)のことです。


上下左右水平に動く雲台を「3ウェイ雲台」、それ以外に2方向に動く雲台を「2ウェイ雲台」、1コのストッパーだけでカメラを自由な角度にできる「自由雲台」があります。

(2)レリーズ

レリーズとは、カメラに触れないでシャッターを押すことができる道具です。
三脚での撮影にはつきものです。

UN-4213 フレキレリーズ 右写真のように、マニュアルカメラでは、シャッターにつけて指でレリーズボタンを押して使います。

とくに、低速シャッターでの撮影では、体の振動をカメラに伝えずブレを防げます。また、一度に2台のカメラで撮影する時にも使います。

電磁式レリーズの写真オートフォーカス一眼レフカメラでは、右写真のような電磁式です。

そのほかに、赤外線を用いるワイヤレスのレリーズもあります。

(3)水準器

水準器は、カメラが水平になっているかを確かめるアクセサリーです。

レベラー俵型レベラー丸型
UN UN-5681 レベラー俵型UN UN-5682 レベラー丸型

水準器には気泡が入り、上部の円の中に気泡をあわせると水平になったことを示します。


レベラーには、気泡の入っている入れ物の形によって上左写真の俵型や上右写真の丸型プリズム型があります。


さらに、写真A写真Bのように、左右の水平だけでなく、前後方向の水平を同時に計ることで完全な水平を出せるタイプもあります。

写真Aハクバ レベラーRTタイプ 写真Bハクバ レベラーSTタイプ


水準器は、通常、カメラのアクセサリーシューに差し込んで水平を確認しますが、

写真CUN-4105 ソフトレリーズボタン

写真Cのソフトレリーズボタンのように、シャッターボタンに差し込んで使うものもあります。

手持ち撮影でも同様ですが、何かハッキリとした意図がある場合を除いて、画面が傾いてはいけません。これは、どんな撮影でも大原則です。

三脚を立てる場所が常に足場がしっかりして地面に対して水平が保たれているとは限りませんので確実にカメラを水平状態にしたいのであれば、必要不可欠な道具です。



[▲このページの一番上にもどります]


3.三脚の使用上の注意

「使用上の注意」なんていうと薬みたいですが(笑)、三脚もその使い方をあやまると他の人に迷惑をかけたり、事故につながる可能性もあります。

ですから、駅や道路など一般の人も使う場所、交通量の多い道路やホームの端など狭い所、その他、人通りの多い所では、使用を控えましょう。

また、使用する際にも他の撮影者や一般の人、交通などまわりに注意しながら使いましょう。







▲このページの一番上にもどります

>> STEP 1 もくじ に戻ります
>> Railway Photograph のトップに戻ります

STEP1 「機材の基礎知識」 | STEP2 「撮影前の準備」 | STEP3 「撮影テクニック」 | STEP4 「撮影後の保存・整理・加工など」 | 鉄道写真館 | 鉄道の本 | 鉄道DVD
撮影の準備 | 鉄道関係リンク集 | 写真関係リンク集 | RailwayPhotographについて | リンク、バナーについて | スポンサーのお願い | 自己紹介、写真観、メール
サイトマップ
航空券 格安 直前 | 夜行バス 格安 | 東京 大阪 夜行バス | 男性の恋活の体験談
Copyright(c) 2004-, keizo All Rights Reserved.